オリジナル製品ラインナップ


■Japanese | ■English

XILINX-2.PNG

Cypress-logo.PNG

Altera_npoIntel_hi-res.jpg

パートナーシップ     









IP製品はこちら

MECHATROLINK-Ⅲ通信ボード

MECHATROLINK_LOGO_color.jpg

MECHATROLINK-Ⅲ マスタ対応PCIeボード
型名:SY-M3-01(受注生産:INtimeで利用可能なAPIライブラリは別途提供)

SY-M3-01

SY-M3-01はPCI ExpressでPCと接続し、MECHATROLINK-Ⅲの通信が可能なボードです。専用ライブラリと組み合わせる事により、PCベースでの高速かつ高機能な
制御を実現できます。

<型 式>
  • 型名:SY-M3-01
<概 要>
  • PCI Express Add-in Card対応 Gen1 x1
  • MECHATROLINK-Ⅲ マスタ(C1マスタ)対応
  • チャネル数:1(IMIコネクタ x2)
  • 62局接続/62軸制御可能
  • サイクリック通信中はMECHATROLINK-Ⅲ ASICをFPGAが自動制御
  • 指令/応答データはFPGAがDMA転送でPC ⇔ MECHATROLINK-Ⅲ
    ASIC間を自動転送(自動転送ライブラリ使用時)
  • 外部同期(マスタ/スレーブ)対応、1台のマスタに対し、5台の
    スレーブボードが 制御可能
  • INtimeで利用可能なAPIライブラリは別途提供
<特 徴>
 自動転送の専用APIライブラリ使用で、サイクリック通信中はMECHATROLINK-Ⅲ ASICをFPGAが自動制御し、指令/応答データもFPGAがDMA転送で
 PC ⇔ MECHATROLINK-Ⅲ ASIC間を自動転送します。専用APIによりJL-100用のサンプルドライバで通信した場合と比較して大幅に通信時間の削減が可能と
 なります。




 ※:時間計測のイメージ図ですので、実際の処理とは異なる可能性が有ります。
   記載時間も弊社評価結果(平均値)であり、使用するPCや測定条件により数値が異なる可能性が有ります。

ico_pdf.gif カタログpdfダウンロード(SY-M3-01)





INtime

産業用制御システム向けのリアルタイムOSで、株式会社マイクロネット様から販売されます。
INtimeの詳細はこちらへ

INtime.jpg



MMAlogo-gif-big-cl.jpg

MECHATROLINK-Ⅲとは?

主に産業機器向けのオープンフィールドネットワークで、Ethernetを物理層とした最大転送100Mbit/secの
通信規格です。高速なサイクリック通信と大容量メッセージ通信を可能とし、最大62スレーブに対する
同期性が保証されます。

システックはMECHATROLINK協会(MECHATROLINKを世界に普及させる為に設立された、MECHATROLINK
製品開発メンバー及びMECHATROLINKユーザで構成される組織です。モーションフィールドネットワーク
MECHATROLINKファミリーの構築を積極的に推し進めています)の一般会員であり、PCを利用したシステム提案や
検討を行うPC技術部会にも参画しております。






受託開発

自社ボードの開発や今までの受託経験を元に、ハードウェアからFPGA・ソフトウェアまでのトータル開発が可能です。各種カスタマイズ対応にも対応可能です。







開発環境・評価ボード

Kintex UltraScale FPGAを搭載したPCI Express基板
型名:SY-KUS-01

SY-KUS-01

SY-KUS-01はXilinx社製 Kintex UltraScale FPGAを搭載したPCI Express基板です。高速シリアル通信を用いた大容量データ送受信が可能です。
外部メモリとしてDDR4を2系統搭載しています。

<型 式>
  • 型名:SY-KUS-01
<概 要>
  • lFPGA XCKU035-2FFVA1156Cを搭載
    025,040,060の搭載も可能
  • PCI Express(Gen3 x 8まで対応)
  • 発振器
    100MHz,200MHz,250MHzを搭載
  • DDR4(1系統=32Gbit 64bit_DataBus)を2系統
  • SFP+ 4ch
  • MMCX 2Lane(Tx/Rx)+RefCLK
  • PinHeader 8pin 外部インタフェース
  • QSPIを2個搭載(計512Mbit)
    256Mbitはユーザー領域として使用可能
<性 能>


 ※1:当社DMACを搭載することで6GB/s通信が可能
 ※2:Tx/Rx各2Lane搭載、RefCLKの入力可能(1系統)

ico_pdf.gif カタログpdfダウンロード(SY-KUS-01)





PCI Express評価環境を容易に構築可能なインタフェースボード
型名:SY-OP-01

SY-OP-01

SY-OP-01はFPGA間通信を可能としたインタフェースボードです。FPGA搭載PCI Expressボードを対向接続で、異なるFPGAを使用したシステム構築が可能です。
また、PCI Expressに限らず高速シリアル インタフェースのボード間通信も実現できます。

<型 式>
  • 型名:SY-OP-01
<概 要>
  • PCI Expressコネクタ
  • クロック
      - OSC100MHz
      - 外部入力用SMA
      - 外部入力用MMCX
      - 外部出力用MMCX
  • リセット(Push Button)
  • 外部入力用電源

ico_pdf.gif カタログpdfダウンロード(SY-OP-01)





拡張性を充実し小型化と汎用性を実現したFPGAボード
型名:SY-S6-01

SY-S6-01

SY-S6-01はザイリンクス社製低コストFPGA Spartan6「XC6SLX75T-2FGG676」を搭載したPCI Expressボードです。
高速アクセス可能な複数のI/Fを設ける事により機能拡張性を高め、様々な外部機器と接続し機能拡充する事が可能です。
さらにSSDを搭載する事により大容量データの格納が可能です。

<型 式>
  • 型名:SY-S6-01


<付属リファレンスデザイン>
  • DMAコントローラー(システック SYPCIE)
  • リファレンス回路
  • サンプルドライバー
<概 要>
  • 搭載FPGA : XC6SLX75T-FGG676
  • 搭載メモリ : DDR3SDRAM 2Gb×2搭載
  • インターフェース
      - SATA 2.0
      - PCI Express Gen1 x 1
      - USB2.0(to UART)
      - GPIOピンヘッダ
  • オプションカード用コネクタ
      - HPCコネクタ×1
      - LPCコネクタ×1
  • Pushスイッチ、DIPスイッチ、LED
  • 電源

ico_pdf.gif カタログpdfダウンロード(SY-S6-01)

ページの先頭へ

オリジナルIPラインナップ

関連資料の閲覧にはパスワードが必要になります。パスワード発行は、 ユーザー登録フォームからお申し込みください。

分類 IP名称 機能/概要 対応
デバイス
関連資料
PCIe End Point
SYPCIE-W/L
(カタログ有)
ALTERA社向け
XILINX社向け
FPGAハードマクロを使用し、DMA W/RおよびMemory W/Rを行うデザイン
  • Gen1-1~8、Gen2-1~8、Gen3-1~8に対応
  • Memory W/R空間をパラメータにて変更可能
  • Scatter gather対応
  • データ転送量をユーザー側からの入力信号で設定可能
  • DMA転送完了後、完了ステータスをユーザーへ送信
  • DMA Write/Read及び各チャンネルの同時動作可能
※各デバイスにより仕様制限あり
ALTERA
XILINX
ico_pdf.gif ALTERA社CycloneⅤ向け
  IP機能仕様書.pdf

ico_pdf.gif Xilinx社 7シリーズ向け
  IP機能仕様書.pdf
Root Complex
SYPCIE-RC
(カタログ有)
FPGAハードマクロを使用し、Configuration Write/ReadおよびMessage,
Memory Write/Readを行うデザイン
  • Gen1-1~8、Gen2-1~8に対応 ※Gen3-1~8は開発中
  • DeviceへのConfiguration Write/Read(Type0/Type1)に対応
  • DeviceへのMessage出力に対応
  • DeviceへのMemory Write/Read出力(Single Access)に対応
  • ベンダID, デバイスID, リビジョンIDをXilinxコア設定にて変更可能
XILINX
ico_pdf.gif Xilinx社 7シリーズ向け
  IP機能仕様書.pdf
PCI SYPCI-TR PCI上で動作を行うターゲットモデル
  • PCIバスインターフェース仕様V2.1準拠
  • コンフィギュレーション/メモリアクセス対応
  • 各アクセスはシングルアクセスのみ
  • PCIインタラプト使用
  • PCIコンフィギュレーションレジスタ内蔵
  • スペシャルサイクル/リソース・ロック/高速Back-to-Back非対応
Any ico_pdf.gif SYPCI-TR機能仕様書.pdf
SYPCI-TI PCI上で動作を行うターゲットモデル
  • PCIバスインターフェース仕様V2.1準拠
  • コンフィギュレーション/メモリアクセス対応
  • コンフィギュレーションアクセスはシングルアクセスのみ
  • メモリアクセス時は内部搭載FIFO段数までバースト可能
  • PCIインタラプト使用
  • PCIコンフィギュレーションレジスタ内蔵
  • メモリアクセス・データR/W用FIFO内蔵
  • ISAライクなローカルバスIF
  • スペシャルサイクル/リソース・ロック/高速Back-to-Back非対応
ico_pdf.gif SYPCI-TI機能仕様書.pdf
SYPCI-M PCIバス上でイニシエータとして動作を行うマスタモデル
  • PCIバスインターフェース仕様V2.1準拠
  • メモリアクセス対応
  • バーストアクセス対応
  • PCIインタラプト使用
  • スペシャルサイクル/リソース・ロック/高速Back-to-Back非対応
ico_pdf.gif SYPCI-M機能仕様書.pdf
シリアルIF SYI2C-S I2Cバス上で動作を行うスレーブモデル
  • シリアルデータライン(SDA)とシリアルクロックライン(SCL)の2本のバスで構成
  • シングル/バーストアクセス指定可能
  • バックエンドとはCPUライクなインターフェース
  • I2Cバスリードデータ出力時のWAITが可能(SCL出力)
Any ico_pdf.gif SYI2C-S概要仕様書.pdf
SYI2C-MR I2Cバス上で動作を行うマスタモデル
  • シリアルデータライン(SDA)とシリアルクロックライン(SCL)の2本のバスで構成
  • マルチマスタバス未対応(衝突検出機能無し)
  • SCLラインのウェイト機能
  • I2Cアクセス周波数設定可能
  • 100K及び400Kモード転送に対応
ico_pdf.gif SYI2C-MR機能仕様書.pdf
SYI2C-M I2Cバス上で動作を行うマスタモデル
  • シリアルデータライン(SDA)とシリアルクロックライン(SCL)の2本のバスで構成
  • マルチマスタバス未対応(衝突検出機能無し)
  • シングル/バーストアクセス指定可能
  • I2Cアクセス周波数設定可能
ico_pdf.gif SYI2C-M機能仕様書.pdf

ページの先頭へ

開発実績

アミューズメント機器関連

技術内容 LCDコントローラ、画像変換(縮小、回転)、動画キャプチャー、クロマキ処理

液晶TV関連

技術内容 フォーマット変換、DDR2/DDR3

スキャナー、OCR関連

技術内容 文字認識、画像処理(回転、縮小、ドロップアウト、色空間変換、階調変換)

デジタル通信関連

技術内容 デジタル変復調回路、QPSK、AGC、AFC

FPGAデバイス関連

対応FPGA ○ALTERA:Stratix/Arria/Cyclone/MAX(SoC含む各シリーズ対応)
○Lattice:MachXO(各シリーズ対応)
○Xilinx:Virtex/Kintex/Artix/Zynq/Spartan/CPLD(各シリーズ対応)
対応Tool ○ALTERA:Quartus2
○Lattice:Diamond
○Xilinx:Vivado/ISE

基板設計・製造からFPGAの論理設計、ドライバ・アプリ開発まで幅広い対応が可能です。

ページの先頭へ

その他保有技術

分類 技術名称 機能/性能
画像処理 圧縮 MH/MMR
解像度変換 アフィン変換、ピクセルシフト
画像補正 色補正、白黒補正、ガンマ補正、影補正、ノイズ除去
画像変換 二値化処理、色空間変換(RGB-Lab、YUV-RGB、RGB-SHV)、階調変換
検出 帳票エッジ検出
無線通信 信号処理 OFDM、FIR、FFT、AGC、チャネル推定、各種変復調(QPSK、QAM等)
最尤判定誤り訂正 Map/Demap、パンクチャ/デパンクチャ、インターリーブ、Viterbi
その他 エンベデッド・プロセッサ
(ソフトCPU)
NIOS・NIOSII(Altera)、MicroBlaze (Xilinx)の組み込み

ページの先頭へ

設計概要・開発環境

設計言語 Verilog HDL、VHDL
EDAツール ModelSim、IES(NC-Verilog/NC-VHDL)、Riviera-PRO、ALINT
FPGA開発環境 Quartus Ⅱ、ISE/Vivado

Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要となります。
Adobe Readerは、アドビシステムズ株式会社より無償配布されています。

ページの先頭へ